アトピーのためのスキンケア

アトピーをケアするには、自分に合った化粧品選びと正しいスキンケアが必須条件です。
アトピーのケアは、一つ間違えば悪化しかねないほど、非常に治療が難しい難病です。 このページでは、アトピー肌へのスキンケアとして、刺激が少なく効果が期待できる敏感肌用の保湿化粧品にスポットを当てて紹介していきたいと思います。 実際にアトピーで悩んでいた私が、自分の肌で試してみて、結果が出たオススメのスキンケア化粧品を厳選してご紹介させていただくことにしました。

切り札はコレ!アトピースキンケアBEST5!

アトピー肌のためのスキンケア3つの鉄則!

アトピー肌のスキンケアには、重要なポイントが3つあります。


1 とにかく清潔に保つ

肌に残った汗や汚れは刺激の元となり、アトピーを悪化させる可能性がありますから、きちんとシャワーで汗を流したり、刺激の少ない洗顔料や薬用石鹸などで清潔にすることが大切です。 清潔にするとは言っても、過度な洗顔や入浴は乾燥を引き起こすうえ、刺激にもなるのでNG。とにかく肌にはやさしく触れ、刺激を起こさないよう洗いましょう。

2 しっかりと保湿する

健康な肌は内部に水分をぎゅっと抱え込んでいて、肌の奥まで刺激が伝わることはないのですが、アトピーの肌はかなりの乾燥状態。バリアも弱く隙間だらけで、ありとあらゆる刺激に過敏反応してしまいます。 そこで、肌が潤いを蓄えてバリアを強められるように、刺激の少ない保湿成分をたっぷりと補給してあげましょう。

3 刺激から肌を守る

肌に直接触れる刺激はもちろん、紫外線やストレス、睡眠不足などの生活習慣、食事もアトピーに刺激を与えてしまいます。 例えば外に出るときは紫外線対策をしっかりすること、ストレスを上手に解消すること、添加物の多い食事を避けることなど、ちょっとした工夫でアトピー要因は減らすことができます。

アトピーに最適な保湿とは?

アトピー肌は、なるべく刺激を起こさないように、まずは「守り」のスキンケアを心がけましょう。 肌のバリア機能を修復することが第一なので、まずは肌をたっぷり潤して守り、さまざまな有効成分を肌の奥へ伝えやすくするセラミドの補給が大切です。 その次に、強力な保水力を持ったヒアルロン酸を浸透させて水分を肌に留まらせるのが一般的なケア。 基本的にはそれだけで構いませんが、肌を少しでも早くもとの状態に戻したいなら、他の有効成分に頼ることも必要。自然植物のエキスや抗炎症作用を持っている成分などは効果的ですが…なるべく刺激を減らすため、元々体の中に存在する成分でケアしたいものです。

肌の基礎力を上げる成分「コラーゲン」

そこでオススメなのが、肌内部で水分を蓄えると同時に、肌の基礎体力をUPさせてくれる「コラーゲン」。セラミド、ヒアルロン酸との相乗効果もあるので、弱った肌をやさしくいたわりながら、回復を助けてくれます。 守るケアだけではなく、基礎力を上げるケアで辛いアトピーを卒業しましょう。 肌の基礎力UPです!


アトピー
アトピー性皮膚炎の治療と改善を目的とした総合情報サイトです。